ワーキングママが注目すべき点

<育児と仕事の両立で欠かせないポイントまとめ>

医療費補助は魅力的!

医療現場で働いている看護師にとって、広く活用できる福利厚生の一つが医療費補助です。病院でもクリニックでも認められていることが多いものであり、積極的に活用すると、健康を維持しやすくなるでしょう。子育てをしている女性看護師にとっては特に重要かもしれません。子供は病気にかかりやすく、しばしば小児科に連れて行きたくなることも少なくないはずです。その際に勤め先で診療を行うと、一部または全額を職場から支給してもらうことができるからです。医療費をあまり気にせずに子供に対して最善の判断を下すことができる点は魅力的です。

看護師として働いていると、子供の症状から病院に行く必要があるかどうかも判断しやすくなるため、医者に診せたほうが良いと判断した場合は、医療費補助を受けてほとんど負担なく子供に最適な医療を施すことがでるでしょう。多くの場合、通常は本人に対する医療費補助だけでなく、家族に対しても認めらえていること多いので、有効に活用することをおすすめします。

とはいえ、医療費補助は必ずしも全ての医療施設で提供されている福利厚生ではありません。ですから、子育てを始めるときには事前に確認しておくことが必要です。中には医療費の補助金額が病院によって変わる場合もありますので、注意しましょう。看護師は、このような福利厚生を上手く活用すると、育児と仕事の両立が図りやすくなることもあるので、自分の職場の福利厚生にはどういったものがあるのかをしっかり把握しておくことが大事です。