ワーキングママが注目すべき点

<育児と仕事の両立で欠かせないポイントまとめ>

福利厚生として注目しておきたいもの

女性の需要が高い職種であることから、看護師になると職場から子育てに関する福利厚生を得やすいというメリットがあります。看護師として働く場合、職場を選ぶときに確認しておくと良いのは育児休暇や短時間勤務制度以外の福利厚生がどれだけ充実しているかです。

この二つはほぼ制度化されているため、条件を満たしていれば希望すれば利用することができるでしょう。しかし、これ以外のものに関しては、職場によって定められているものになるので、大きな違いがあります。中でも注目しておきたいのが院内保育園であり、早朝でも深夜でも利用できるシステムになっていると夜勤の時に安心して子供を預けることができます。院内保育園があれば育児休暇が終わった時に、ほぼ確実に子供を預けられるため、速やかに復職を達成することができるでしょう。

また、子育てに関する福利厚生は男性看護師にとっても注目したいポイントで、育児休暇を取得して子育てにどれだけ関われるかや、子供を院内保育園に預けられるのかを知っておくと役に立ちます。共働きをする時には夫婦の協力が大切になるため、女性に全てを任せるという考えをなくしておきましょう。育児休暇を取得して子育てに積極的に参加し、その後に安心して預けられる保育園があるという状況があれば、妻も復職に対して前向きになれます。子育てを円滑に進めるためには、男性の協力も欠かせないので、福利厚生の充実は注視するポイントです。