ワーキングママが注目すべき点

<育児と仕事の両立で欠かせないポイントまとめ>

復職後の支援が重要であるという認識が大切

女性看護師が出産を経ても働き続けていこうとする上で、福利厚生を活用することは重要になります。就職先を選ぶ際に重視したり、出産を計画した段階で転職をして、子育てのための福利厚生が充実している職場を選ぶケースは少なくありません。

しかし、そのような視点が広まっているにもかかわらず、看護師の離職はあまり減る傾向が見られません。これは看護師が福利厚生で目を向けるべき点が誤っている場合が多いからです。子育てを考えて最も重視されやすいのが育児休暇の充実度であり、出産してから一年程の休暇が保証されるのは重要でしょう。とはいえ、これはどの職場でも認められていることであるのは忘れてはなりません。職場から離れなければならないほどに子育てにエネルギーも時間も必要になる期間なので、育児休暇は必要なのは確かです。しかし、より重要なのはその後に復職できるかどうかであり、復職支援が受けられる福利厚生があるかどうかは仕事選びで見逃せないポイントです。

育児休暇の一年を過ごしたとしても、子供を家に置いておけるわけではないので、その後の子育てを支援してくれる病院であるかどうかが、女性看護師にとっては復職できる可能性を分けるのです。そのため、短時間勤務についての待遇のあり方や、託児施設の利用ができるかといった点を調べておくことは重要になるでしょう。復職のタイミングを逃してしまうと専業主婦になって二度と働かないことになってしまう可能性も否定できないので、注意が必要です。